ACE HOME

注文住宅に関する疑問や悩みをスッキリ解消!

Column

お役立ちコラム

洗濯物、部屋干しなんてしたくない!

洗濯物を室内に干す習慣が定着?

家事の代名詞と言えば料理に掃除、そして洗濯。特に子どもがいる家庭は洗濯する頻度が高く、毎日洗濯するのが当たり前!という家庭も少なくありません。
太陽や自然の風に当てて乾かしたいと思う人はベランダや庭などの屋外で干しますが、毎日天気が良いわけではないので雨が降ったら部屋干しせざるをえない状況に。
365日のうちだいたい100日くらい雨が降ると考えると、案外部屋干しをしているな、と思いませんか。
晴れでも雨でも関係なく、ほぼ毎日部屋干しをする人もいて、その理由は「天気を気にしなくてすむ」から。急な雨のことも心配しなくて良いから「取り込む時間にも余裕ができる」。
それに「春は花粉、冬はほこりが気になる」など、常に部屋干しする人は増えている傾向のようです。そうしたニーズが背景にあって、最近は部屋干し用洗剤が充実しているわけなんですね。

でもほとんどの人が「部屋干し」に不満!

部屋干しする人が増えているけれど、実は約8割が「できれば室内には干したくない」とのこと。
その状況を聞くと、部屋干しするスペースは「リビング」が多く、他には「使っていない部屋」「寝室」「浴室」など。
リビングに洗濯物を干す人は「カーテンレールにひっかける」とか「ドアやふすまなどの上部にハンガーなどをかける」など、部屋干しの頻度が高いにも関わらず、
部屋干しに最適な場所ではなく家の中で干せるところを取りあえず見つけているのではないでしょうか。
急に友達が家に遊びに来て、慌てて干しているハンガーを片づける光景が目に浮かびませんか。

そこで物干スペースのある住まいなら…。

干す場所がないからリビングに仕方なく干しているとすれば、洗濯物を干すスペースをつくると快適になるのでは。
部屋干しを想定したスペースが確保されている間取りなら、衣類をきちんと干すことができて、よく乾かせますよね。
家の主役であるママにとって、家事の効率化は大切なこと。ちょっとした間取りの工夫で、日常の生活が変わります。
毎日の暮らし方はファミリーによって違うもの。あなたの日頃の不満を解決する理想の暮らしはどんな暮らしですか?実現できると思ったらワクワクしますよね。
きっと家族と一緒に居る毎日がもっと楽しいって思えるようになりますよ。

エースホームの商品で選ぶならやっぱり「ANDY

雨でも心配いらずな物干し場
屋根付きのバルコニーだから、雨の日も洗濯物が干せて便利。小さなテーブルとチェアを置けば、お家で過ごすのがもっと楽しくなりそうなカフェコーナーに大変身。
おやつの時間が待ち遠しくなります。
ANDYの詳細はコチラ