ACE HOME

注文住宅に関する疑問や悩みをスッキリ解消!

Column

お役立ちコラム

断熱が大切な理由|不健康な日本の室温環境ランキング

日本の家のほとんどが断熱されていない事実!

何と!日本の住宅の約4割が無断熱状態!

 

日本では、住宅の省エネルギー性能についての基準が、法律※によって定められています。その基準は、1979年に法律が作られてから現在までに何度か改正されていますが、改正のたびに厳しくなり、新築住宅の省エネルギー性能は上がってきました。
省エネルギー建材、住宅の省エネルギーリフォームについて、経済産業省の資源エネルギー庁がまとめた資料によると、約6,500万戸ある既築住宅についてはまだまだ不十分な状態です。
そして、既築住宅のうち、なんと!無断熱住宅が約4割もあります。
 
 

 

10°C以下でも珍しくない不健康な日本の室温環境

ウェザーニューズの“冬の暖房事情調査”の結果では、起床時の寝室の気温は全国平均で12.4℃でした。
寒い朝を迎えている県のランキングでは、1位長野県(8.8℃)、2位大分県(9.0℃)、3位宮崎県(9.4℃)、4位佐賀県(9.7℃)、5位滋賀県(9.9℃)と、冷え込みが弱いと思われがちな九州などで温度が低く、北日本より寒い朝を迎えていることが明らかになりました。
お布団で寝ている時の温度が約28℃とすると、起き上がって布団を出たとたんに20℃近くの温度差を感じることに。
急激な温度差は、血圧が急変動するヒートショックを引き起こす可能性があり大変危険です。

冬に田舎に帰るのは、寒くてイヤ!

住宅リフォーム推進協議会の調査によると、子どもを持つ親が自分の実家に対して不満に思うことのTOP3は、すべて寒さに関する内容で、4位以下も室温に関することが続きます。
実家はなぜ寒いのか?
その理由としては、暖房設備が整ってないことや、もっと根本的に断熱性能が低いことが考えられます。
建物の中で熱の出入りがもっとも多いのが窓などの開口部です。冬は室内の熱のなんと58%が開口部から失われています。
平成4年基準より以前の窓は、単板ガラスのアルミサッシなので、充分な断熱性能とは言えませんね。

 

Columm

まとめ

「冬は寒くてあたり前」ではありません。
これから家を建てる時に目指すのは、「冬を旨とした」健康的な温度を保てる家づくり。
それを支えるのが、家の断熱性能なんです。
エースホームの「住まいる塾」では、一般的には難しいと考えられている家の性能、とくに温熱性能などをわかりやすく解説する、とっても役立つセミナーを定期的に開催しています。ぜひお気軽にご参加ください。

 

 

 

近くのお店のセミナーに参加

 

資料請求はコチラ

記事一覧