COLUMN「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」 が標準化?

「ネット・ゼロ・エネルギー・
ハウス(ZEH)」

住まいの年間の基本的なエネルギー使用量が、
正味でゼロになるという「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス (ZEH)」が急速に広がっています。
政府は、「2020年までに新築戸建ての過半数をZEHにする」と目標を掲げましたが、一昔前なら夢のようだった住宅が、わずか数年先には世の中の標準になるわけです。
エコ住宅の進化のスピードは、目を見張るものがあります。
ZEHは、「省エネ」と「創エネ」の効果を組み合わせて「住まいの年間一次エネルギー消費量※」を正味でおおむねゼロ、またはゼロ以下にする住宅のことですが、もう少し具体的に言うと、住宅性能や高効率設備機器により住まいの省エネ性を高めて『使うエネルギーを減らし』、使うエネルギーを太陽光発電などで『自家発電』して、家庭で必要なエネルギーを『自給自足』できる住まいのこと。

※一次エネルギーとは…石油・石炭・天然ガスなどの化石燃料のこと。普段使っている電気や都市ガスは、これらを使いやすく加工した「二次エネルギー」と呼ばれています。

家を建てるならZEHが当たり前という時代がすぐそこまで来ています。
ゼロエネルギー化にはすごくお金がかかりそう!という印象の方もいると思いますが、
それは大手メーカーの影響が大きくて、エネファームや蓄電池などの設備にコストが掛かかっているからなんです。
実はZEHの肝は高断熱化で、高断熱化の内容は、ちゃんとした知識と情報を持って、
しっかりした技術さえあればクリアできるレベルなのでさほど難しくはないのです。
エースホームなら、設備は“標準”のままで、断熱を標準よりも高断熱化することで、コストを抑えながら、
健康と快適性、家計により貢献する住まいを建てられます。
それでも初期費用はかかりますが、建築費だけで判断せず、
長期的な視点での光熱費などのコストや補助金を使えれば将来的にはとてもお得。

「ZEH」にはさまざまなメリットがあります。

ZEHの取り組み始めてます。

経済産業省は、その要件としてZEHビルダー登録制度を実施する旨を発表しました。
「ZEHビルダー」として申請・登録した会社が、設計・建築するZEH住宅のみを補助金対象とする内容です。
登録にあたっては全部で5つの要件が求められているので、すべてのハウスメーカー・工務店が登録できるわけではありません。
エースホームは、平成28年度住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)において創設された「ZEHビルダー公募」の登録事業者です。
ZEHビルダーは、自社のZEH(Nearly ZEHを含む)普及目標の公表が義務付けられており、それに基づき下記の通り2020年度までのZEH普及目標を公表します。

注文住宅の相談会!悩む前にまずはご相談ください

注文住宅の相談会「住まいる塾」を全国約40箇所で開催しております。
大きい買い物ですので、失敗しないためにも、住宅ローンや土地探し、資金計画などの不安や悩みを、「家づくりのプロ」にお気軽にご相談ください。
もちろんお子さまの同伴も可能ですのでお気軽にご参加頂けます!

詳しくはこちら