ACE HOME
<

News

新着情報

2020/03/17

『ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2020』優秀賞受賞

この度エースホームは『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー』のW受賞に引き続き、
『ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2020』の優秀賞を受賞しました。

 

 

 

 

<ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2020 とは>

 

次世代に向けたレジリエンス社会構築へ向けて
強靭な国造り、地域づくり、人づくり、産業づくりに資する活動、
技術開発、製品開発等に取り組んでいる先進的な企業・団体を評価、表彰する制度です。

 

ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)の詳細は下記リンクからご確認ください。

≫「第6回ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)」受賞者を発表≪

 

 

<受賞したエースホームの家づくり「Mi’Like」>
 

「Mi’Like」の独自耐震構法「超抑震」が高く評価され、優秀賞に選ばれました。

 

 

震災が起きた時に、耐震性能は住宅の最も重要な性能の一つです。

地震に強い家づくりをするには単発地振動ではなく、繰り返される地震動に耐えるのは、耐震(揺れに耐える)だけでなく、「耐震+制振」が必要です。

地震の後の火災にも強くなければなりません。

エースホームなら、耐震性能の最高ランクである耐震等級3の躯体と制振デバイスに、

オリジナル耐震床、地震の後の火災にも強い省令準耐火構造を組み合わせ、単なる耐震、制振、免震を超えた独自の「超抑震」構法で、

トップクラスの安心安全を実現。万が一の震災が来ても倒壊しないだけでなく、地震の後も「安心して住み続けられる家」です。

 

 

 

 

<[強い家づくり]地震に強い家づくりは、耐震+制振が必要>

 

耐震性能は震災が起きた時に住宅の最も重要な性能の一つです。
地震に強い家づくりをするには単発地振動ではなく、繰り返される地震動に耐えるのは、耐震(揺れに耐える)だけでなく、「耐震+制振」が必要です。
地震の後の火災にも強くなければなりません。

 

 

 

<最新鋭の制振デバイスも標準搭載>

制振システムは「3MFRダンパー」(スリーエムジャパン株式会社)を標準搭載。地震の揺れを最大83%吸収・低減します。
構造が堅牢なうえに、耐久性も劣化対策等級の最高等級3をクリアした長期優良住宅です。