エースホームの家づくり

家族を守る

エコに効く家のカタチ(設計の知恵)

エコに効く家のカタチ(設計の知恵)

エースホームの建物は、これまでもこれからもエコデザイン

エースホームの建物にはデザイン性だけではない、エコな建築デザインを取り入れています。

技術革新し続けるエコ製品の搭載だけに目を向けるのではなく、もっと本質的で分かりやすい住宅の間取りや設計に目を向けています。最新機器の導入には大掛かりな工事や費用が掛かるケースもありますが、コストを抑えた合理的なご提案ができます。

夏の暮らしは、陽ざしを上手に遮る

オーバーハングとは、建物の2階が飛び出ているカタチのことです。オーバーハングした建物のカタチなら、庇だけでは防ぎきれない1階への強烈な真夏の陽ざしを遮ることができます。

また、部屋の奥まで容赦なく差し込む西日には、陽ざしの入口が最小限にする横に長い「ホリゾンスリット窓」が効果的です。

冬の暮らしは、陽ざしをたっぷり取り入れる

冬は、日当りの良い南側に大きく開く連続大開口の窓なら、冬の暖かい陽ざしを最大限に取り入れられます。吹き抜けリビングにすれば、2階からの陽ざしを遮断することなく、1階の部屋の奥まで届かせ、とびきりの開放感ももたらしてくれます。

間取りでみるエコに効く家のカタチ

エコな住宅を考えるにあたって、間取りと暮らし方も大切。夏は南北に通り抜ける心地よい風の通り道に身を置いて、涼やかで居られる「夏リビング」で過ごし、冬は太陽の陽ざしをたっぷりと取り込める南側に面して、家族が団らんできる「冬リビング」で過ごす、というように夏と冬でのリビングの使い分けする新しい発想で、季節を楽しみながら快適なエコな暮らしができます。