エースホームの家づくり

家族を守る

全商品「省令準耐火構造」仕様

全商品「省令準耐火構造」仕様

火に強く、火災保険料もお得な『省令準耐火構造』

火災から家族を守る『省令準耐火構造』

『木の家に住みたいけど、木は燃えやすいから家事のとき心配』こんな不安を抱いていませんか?実際は、鉄の家でもコンクリートの家であっても、内装や家具、寝具・衣類は、火災に遭えば燃えてしまうものです。耐火性のポイントは「燃えない家」ではなく「燃えにくい家」であること。

燃えにくい家とは、火災が発生しても延焼する速度を遅くして家族が逃げのびる時間を出来るだけ稼ぎ、消防が初期消火で鎮火できるよう考えられた家なのです。このような木造の家を「省令準耐火構造」といい、エースホームは省令準耐火構造が標準です。

省令準耐火構造とは、建築基準法で定める準耐火構造に準ずる防火性能を持つ構造として、独立行政法人住宅金融支援機構が定める基準に適合する住宅のこと。横架材間にせっこうボードを貼りわたすなどの耐震強化措置は、防火被覆・ファイヤーストップ措置にもなっています。

省令準耐火で火災保険料もお得!

省令準耐火構造は、隣家の火をもらわない対策や火災発生時の延焼を抑える対策などを考えた建物。保険会社では、木造などであってもコンクリートや鉄と同等とみなし、火災保険料金を安くしています。火災保険料は「住所地」と「建物の構造」などで、保険料率が決まりますが、省令準耐火であるかないかで火災保険の差は約2倍の開きになります。(地震保険についても同様にお得になります。)※保険料は保険会社によって異なります。

隣家からの延焼を防ぐ耐火性能の高い防火サイディング

火災が起きた場合、その燃焼温度はなんと1200℃に達するといわれます。このとき、3m離れた隣家の外壁が受ける熱は約830℃。エースホームが採用している外壁材や軒天材は、優れた防火・耐火性能を持つ、国土交通省より認定を受けた部材です。830℃の熱で加熱しても、裏側の温度は木材の着火温度である260℃を超えることがなく、もらい火を防ぐことができます。またその他に、防火シャッターなどの防火アイテムをご用意しています。