お知らせ

エス・バイ・エルグループ 住宅フランチャイズ部門の新会社設立

2001/02/01エス・バイ・エルグループ 住宅フランチャイズ部門の新会社設立

エス・バイ・エル株式会社(代表取締役社長 小堀 東)は、トステム株式会社(取締役社長 飛田 英一)との共同出資により、住宅のフランチャイズ事業を展開する新会社:「エースホーム株式会社」を設立いたしました。

新会社は、低層持家着工戸数の中でプレハブのシェアが20%強と伸び悩む中、既存事業の木質パネル工法ではなく、依然65%前後の高いシェアを占める在来軸組工法の市場に 参入することで、年間約33万戸ある木造住宅市場における販売拡大を図ります。
フランチャイズの加盟店募集活動は、新年度の4月から開始する予定で初年度50店の新規加盟を計画していますが、平成16年度には累計180店の加盟店数と年間3,000棟の着工件数を目標としています。1県1拠点を基盤とした直販・代理店展開ではなく、もっと細やかなテリトリー制による木造住宅のフランチャイズ展開が実現することで、併せて全国を網羅することになります。またフランチャイズの展示場展開は単独展示場とするなど在来軸組工法であることに加えて既存事業との棲み分けをはかり、より一層積極的な展開を図ります。

詳しくは以下の関連資料データをご覧ください。