エースホームの家づくり

財布を守る

いつまでも色褪せない「美的耐久性」

いつまでも色褪せない「美的耐久性」

目指すのは「お客様目線」での商品開発

エースホームの建物は『美的耐久性』がコンセプト

品質はもちろんのこと、見た目だって古びないことが大切です。エースホームの住まいの最大の特長は、「デザイン面でも耐久性を持たせた住まいにすることがこれからの住まいにおいては重要である」という信念に基づいて『美的耐久性』をコンセプトにお客様の嗜好、加盟店の供給形態、地域等の特性に応じた商品を開発していること。ご建築時の美しい住まいが、時を経ても美しいまま長持ちすることを考えています。

さらにエースホームが目指すのはお客様にとって等身大であること。お客様にとって等身大の住まいをご提供することが、何よりの「お客様目線」であると考え、現実感のある大きさ、手に届く価格の中で、最高のデザインとなるよう商品開発しています。

建て替える必要がないというのも家選びの大切なポイント

これから住宅取得する人にとって、大きな関心事の一つは、いかに安く建てられるかということ。『低価格・ローコストの方がいい!』と考えるのは自然です。でも目先の安さを優先することが、本当にお得なのでしょうか?

住生活の向上、環境への配慮を目的に、長期優良住宅(通称200年住宅)の普及促進が図られ、「質の良いものをつくってきちんと手入れして長く大切に使う」というストック型社会に対応する住まいが求められています。本当に大切なのは長い目線で考えること。何代も住み継がれ、長期にわたって住むことができる住宅こそ、ライフサイクルコストまで考えた資産価値の高い家なのです。

エースホームでは、地域の建設会社ではできないハウスメーカー譲りの商品開発、技術開発、保証など、安心して家づくりをできる体制を作りながら、納得できる品質で、上質なデザインの住宅を、お客様の手に届く価格で実現しています。