家づくりのギモンを解決

賢い子供が育つ住まいのヒント

賢い子供が育つ住まいのヒント

~住まいのヒント1~

・幼いころからの読書が学力を高める。

月の読書量が30冊を越える子どもは、一年で5,000語もの新しい言葉に触れるんだとか。この事からも読書習慣の有無と学力には、おおいに相関関係がありそうですね。それなら本を読む習慣は、できる限り早いうちに育みたいもの。そのために必要なのは、幼いころから本が子どもの視界に自然に入る環境を整えること
例えば、ダイニングキッチンの一角を利用して、子どもの視界に入りやすい高さに本棚を造りつけてみるのも一案。こうすれば子どもが、自然に本を身近に感じられるように。本を並べるときも、背表紙ではなく表紙が見えるようにすると、インテリアにもなって、子どもの興味を引きつけやすくなります。また、あえてきれいに本棚へ整理せずに、ソファなどにも本を置いておくと、子どもがなにげなく手にとって本を読むきっかけにも。
賢い子供が育つ住まいのヒント

~住まいのヒント2~

・親がかかわると子供は安心して勉強する

放っておかれると、子どもはなかなか勉強に身が入らないもの。親が適度に関わることで子どもの学びに対するモチベーションは高まります。それを裏付けるように、親が学校や塾のノートに目を通している家庭の子どものほうが、平均勉強時間が長いという統計も。もちろん勉強時間はただ長ければいい訳じゃないけれど、親の関心が、子どもの学習意欲を刺激するのは確かのようです。
たとえば、炊事をしながらママが子どもの相手をできるように、キッチンを対面式に。その正面に、勉強もできる大きめのダイニングテーブルを設置すれば、すぐに聞ける環境になって、子どもの学習意欲を促します。さらにキッチンカウンターの下などに、勉強に必要な教科書や資料などを収納するスペースを設けておけば、ここで勉強する習慣を自然に身に付けることができそうです。
賢い子供が育つ住まいのヒント

~住まいのヒント3~

・成績の良い子はルールを決めている

携帯電話の使い方のルールの有無と、子どもの成績の関連を調べると、とくに成績上位層において、ルールを決めている割合が高いという調査結果があります。またルールが「守れていない」という子どもの割合は成績下位層に目立っていて、ルールを決め守ることと成績にも相関関係があることがわかります。つまりルールを決めることで、自主性が養われるのです。
ですから学ぶ子が育つプランとして、子どもが自分で整理整頓できるスペースを設けるのがオススメ。
共用スペースや廊下などに子どもが自分で整理できる棚などを設置して、よく使う物を整理したり、色違いのボックスなどを使って分類整頓する場所を作っておくと、用途に応じて使い分けたり、自然に片づける習慣が身に付きそうですね。
賢い子供が育つ住まいのヒント

エースホームでマイホームを実現されたお客様の実例はこちら

三河の実例・間取りとインテリアにこだわった家

三河(愛知県西尾市)でマイホームを実現したお客様の実例をご紹介します。
シャビーシックな家具と木目が印象的なカフェ風の内観。間取りは家事動線を意識して上下階の移動を少なくしています。また、住宅ローンの不安を解消できた資金計画にもご満足いただいています。

お客さ様の実例ページ